KAMAISHI

釜石×ラグビー

釜石と聞けば、ラガーマンは反応する。
先日、W杯でも使用される「釜石鵜住居復興スタジアム(Kamaishi Unosumai Memorial Stadium)」のこけら落としが行われた。

ラグビーでかつて黄金時代を築き上げた地域。
ただ、恥ずかしながら深くまでは分かってないので、軽く調べた。

調べたら、今の世の中あるもんで以下を発見。
http://jww.iss.u-tokyo.ac.jp/jss/pdf/jss590304_147163.pdf

新日鉄が強かった要因

資料によると、
・最先端のトレーニング法や、考え方を率先して取り入れていたこと。
・地域出身選手を多く採用し、着実に育成させるだけのコーチ陣がいたこと。
が結構キーで、地域のシンボル的チームになり、それがラグビーの街というイメージを作り上げた模様。。

「強さ」が地域の名を全国区とし、地元住民にロマンと憧れを抱かせた。
チームがクラブ化しようが、弱くなろうが、ロマンや憧れは、数十年経っても廃れない。ということと、

復興シーンを観ていて、都心の最高の環境で世界で一番のチームになることを突き詰めるのも大事だが、田舎の一チームの活動が住民の支えになる。それに応える選手らの人間力は、All Blacksすらも持たない深みを帯びてる気がするし、スポーツ界に携わりたい人間として大事にしていこうと思えた。

W杯の楽しみ方は様々

歴史を知って、会場で色んな思いを持った人らと交流するのもW杯の大きな醍醐味だと感じた。
皆さん、釜石で会いましょう。ラグビー観よう。

釜石W杯動画
https://www.rugbyworldcup.com/video/292074?lang=ja

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *