THE CELTIC CUP

「悲報、アイルランドまた強くなってしまう。」

ウェールズ・アイルランド間の新たなゲームの枠組み誕生
Six Nations、PRO14、各国国内のリーグに加えて、新たな形が加わる。
この9月7日より、The Celtic Cupが開幕。
対象は、アイルランド・ウェールズそれぞれトップレベルの4チーム、計8チームで争う。
PRO14とももろ被りの時期なので、バックアップメンバーを中心に編成されるチームで各チームのベースアップに繋がる気がする。
関西の大学リーグでもAチームと別に若手中心のコルツの試合があるけど、イメージはそんな感じで捉えてる。
書かれている目的は、選手やコーチ、スタッフらのディベロプメント。隔週での試合に向けて準備を整えて、実践経験を積むこと。

ワールドカップまで残り1年と少しのところで、この新たなカップはじわりと効きそう。グループリーグ同組のアイルランド、これ以上強くなると困るが2国間の今まで試合多分してこなかった面々が闘う姿を見れるのは楽しみでもある。強豪ひしめくヨーロッパならではのアイデア。
アジアでも、日本、中国、韓国とかでもっと面白いリーグ作ろう。と思った一日であった。

皆ラグビー観よう
今日は課題がヤバいのでここまで

http://www.irishrugby.ie/news/42341.php

追記:癖の強いサッカークラブ情報発見 

めちゃめちゃ自然に優しいチーム方針を掲げるサッカークラブがイングランドにある模様。
ラグビーでは無いが、こういった拘りの凄いあるスポーツチームは猛烈に推す。無関心層を取り込むキッカケにもなる。誰がどうやって生み出したかまた調べましょう。
とにかく課題がやばい。以上

https://www.cnbc.com/2018/08/20/forest-green-rovers-meet-the-worlds-greenest-soccer-club.html

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *