Bledisloe Round1 Review

観ました、2試合とも前半だけですが。

NZ-AUS

第一節は、オーストラリアのホームで行われたがニュージーランドが後半圧倒した模様。
アウェーでもさらっと勝つABsが恐ろしい。

ラグビーは、キックオフ一つとっても面白い。
学生レベルやと、FWとBKで左右に大まかに分かれるけど、AUSの初っ端のキックオフは工夫されてた。
どんどん複雑なっていって、学生もこうなる日が近々来るでしょう。

オーストラリアのCTB、カートニ―・ビールのランニングの動きってトップレベルの中でも独特。
どうやって培ったのか。

AUSがNZのラインアウトスチール2回はあった。純粋に高い。
NZも高いけど、AUS#4 Izack Rodda(202/119)が良い。しかも若干22歳。ワールドカップでも注目です。

詳細→https://www.rugby.com.au/players/izack-rodda#International
あとNZのハーフ団、アーロン・スミス→ボーデン・バレッド間のパススピードってこんなに早いんかと、ドローン映像が教えてくれる。
楕円球は僕ら一般人が目いっぱい投げてもあんなにスピード出ません、化け物です。

NZの#6サム・ケイン、試合中の目がつり上がった感じはマコウが重なった。尊敬してるだけある。今後更に深み増すんでしょう。

AUS、生きる伝説#8ポーコック、ブレイクダウンの動きが仕上がり過ぎ。無駄無し。ブレイクダウンとは何たるかワールドカップまでに学びたい人は彼をググろう。

NZ、#15ベン・スミスってなんであんなにタックル外すん上手いのか。太腿の逃がし方が人並外れて上手いのか。
玄人だけが成せる技。渋いの好きの方は彼をチェック

SA-ARG

南アフリカのフィジカルラグビーにアルゼンチンが大きく離されずも蹂躙された形。

SA,#2注目の若手マルクスのブレイクダウン支配度えぐい。フッカーのそれじゃない。
未来のブレイクダウンキングは彼ではないでしょうか。

SA,#15ウィリー・ルル―、ハイボールに疑問残ったが、フェーズでのキックとか優秀なゲームメイカー。非凡。

SA,#9金髪王子、ファフデ・クラークはキックチャージ行って、その足で球出しもする位に生きが良い。

SA,#6コリシのスーッと抜けるランは嫌。あれがポッドでライン際にいると小さい系WTB擁するチームは一苦労です。

アルゼンチンは、割愛

さあ、5時間後はMitre10Cup、Canterbury-Wellington. 10時間後はBledisloeCup、NewZealand-Australia
ラグビー観よう

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *