Premiership Shield Leicester Tigers v Worcester

 Shieldって何ってレベルやったけど、感動 

昨日、大学のラグビーグラウンドでLeicester Tigers v Worcesterが行われたので、勿論観戦。
大学の男女チームの試合は帯同させてもらったり、サポートさせてもらったりで見てきたし、チャンピオンシップとの試合形式も見た上での感想として、
プレミアシップシールドのレベル半端なかったです。

プレミアシップがイングランドの国内最高峰リーグ。次ぐリーグが、チャンピオンシップ。そしてナショナルが続く形だと以前知った。
この辺は入れ替え戦があるがそれとはまた違って、純粋にデベロップ・育成を目的としているのがシールド。

無印プレミアシップを目指す若手を中心にアピールが必須となるため、よりチャレンジングな姿勢を見れるのが特徴と予想。
実際試合中も、ラストプレイを勝ってるチームがフェイズを重ねに重ねて追加トライを狙っていたし、傾向としてキックが少ない印象も。
スキルや迫力もプレミアシップには若干届かないまでも見る分には問題ないし、「より攻めたプレイ選択を長く見たい」など見る人の目的によってはプレミアシップを超えるリーグになり得ると個人的には思う。

実際観客も月曜の夜7:30キックオフにもかかわらず、約3,400人ほどが立ち見観戦。横のおばちゃん集団も一人で来てる渋いおじさんもラグビーのコアファン感がすごかった。
もちろんラグビー少年たちもラグビーボールで遊びながら見てて幅広い層がグラウンドを囲むのは良いもんやなと改めて。
やっぱグランドレベルから見る経験をどんどん推奨しゃなあかんと思う。初心者なら猶更。間近で顔見て、漏れる声聞いてなんぼやと思います。

 Worcesterのタックル精度に軍配  

キックオフすぐにLeicesterが2本パパっととって凄いなと思いつつも、WorcesterのDFも前出てて負けてないなと感じていた。
そこから取って取られての展開、差は大きく開くことなくLeicesterが離せば、Worcesterも食いつく。
Leicesterの方がオフロード多様でラインブレイクの回数は多かった。
Worcesterもセットプレーで若干優位に立ち、確実に攻めるも大事なとこでミスやインターセプトを献上でなかなか連続得点にはならない時も。

後半の後半には両選手の疲労がマックスに。ぞくぞくと怪我人や足のストレッチをする仕草をする選手が増えていた。試合の切れ間に5人も選手が倒れていたのは初めていた光景やったので、驚いたし、試合のハードさを物語っていた。

最後は、1点を追うLeicesterがアタック機会を逸して、Worcesterボールに。勝ってるのでリスクある動きは控えると思っていたが、そんなことは無く攻め続けて最後はFWでトライ。ノーサイド。

試合後はこのレベルも相手チームのために道作って、健闘を称えあう。

試合結果詳細は↓
https://www.leicestertigers.com/match/premiership-rugby-shield/lei-vs-wor/2018-09-10

 5月中旬にファイナル  

夜は10度ちょっとと寒くなってきたイングランド。コーヒーを片手に観戦するのがこちらのスタンダードに模様。スタジアムは寒かろうがビールなのかも気になるところ。
大学のグラウンドを使うことで、チームは地域の人にも認知してもらえるし、学校の魅力向上にもなるし、凄い良いと思うのだが、日本ではやってはどうか。と思ったりした。

あとそもそも月曜晩に試合見に行く余力のある、楽しい人生送れる社会であれ。

今後の予定は↓
https://www.premiershiprugby.com/fixtures/premiershiprugby-a-league-results/

ということで、ラグビーに平日も休日も関係ない。ラグビー観よう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *